ピラティスで体幹トレーニング

いま話題のエクササイズ、「ピラティス」で、身体の根幹から鍛えてみませんか? 正しい理論を実践すれば、誰でも体幹トレーニングできます。

サイトトップ > ステップを踏みながら、体幹を鍛えましょう

スポンサードリンク

ピラティスで体幹トレーニング

ステップを踏みながら、体幹を鍛えましょう


前章で挙げた「ロールオーバー」は基本レッスンのbRで、その前段階に「ザ・ハンドレッド」、「ロールアップ」が存在します。ここでは体幹を鍛えるエクササイズをピックアップしていますが、ピラティスではエクササイズの流れが重要ですから実践するさいにはガイドに従って運動を進めていってくださいね。


「ロールオーバー」のあとには「ワンレッグサークル」、「ローリングバック」が続き、「ワンレッグストレッチ」になります。ストレッチで背骨を伸ばし、身体の安定をはかるもの。


「ワンレッグストレッチ」=
1:床に身体全体をぴったりとつけて寝る。
2:頭を起こして前に曲げ→あごが胸についたら→ゆっくりと息を吸いながら→両手で右足をつかんで、できるだけ胸に引き寄せる→左足は前へストレッチしたまま(ひざをしっかり伸ばしておく)→左足のつま先を前へ下向きに伸ばし(ピラティス用語で“ポイントする”)→かかとは床から5pくらい上げておく。
3:ゆっくりと息をはきながら→両手で左足をつかんで→できるだけ胸に引き寄せる→右足は前へストレッチして保つ(ひざをしっかり伸ばしておく)→右足のつま先を前へ下向きに伸ばす(ポイントする)→かかとは床から5pくらい上げておく。


ピラティスで体幹トレーニング

MENU



スポンサードリンク